◆ランボルギーニ

プレミアムスポーツ

ウラカン

ガヤルド

スーパースポーツ

アヴェンタドール

ムルシエラゴ

ディアブロ

カウンタック

ハイパースポーツ

センテナリオ

ヴェネーノ

レヴェントン

トップ > スポーツカーセレクション > ランボルギーニ > ムルシエラゴ

MURCIELAGO   [2001y-2010y]

ムルシエラゴ

◆モデルヒストリー
発表年月改良主な内容
2006年11月
[Press Release]
[Specification]
マイナーチェンジ
「LP640 Roadster」
2006年のLAショーで、LP640ロードスターが発表された。すでに発表済みのLP640クーペと同じく640psの6.5L V12エンジンを搭載し、6速MTを組み合わせる。ボディはスチールとカーボンファイバーによる新設計フレームにより剛性を確保。ルーフはキャンバストップが採用される。
2006年02月
[Press Release]
[Specification]
マイナーチェンジ
「LP640」
2006年3月のジュネーブショーで、ムルシエラゴのマイナーチェンジモデル「LP640」が発表された。エンジンはボア、ストロークが拡大され排気量は6.5Lとなり、最高出力は640psを達成。トランスミッションやリヤデフなども強化された。フロント、リヤのデザインも大きく変わった。
2004年03月
[Product info]
[Specification]
追加モデル
「Murcielago Roadster」
2004年3月のジュネーブショーで、ムルシエラゴのオープンモデル「ロードスター」が発表された。クーペのデザインを踏襲しつつ、リヤまわりを中心にアグレッシブなデザインに仕立てられる。エンジンルームにはクロスメンバーの補強フレームが装着され、ボディ剛性が確保される。
2001年09月
[Product info]
[Specification]
ニューモデル
「Murcielago」
2001年9月のフランクフルトショーで、ディアブロの後継モデル「ムルシエラゴ」が発表された。ボディ構造は角断面を持つ鋼菅スペースフレームを採用し、これに580psを発揮する6.2L V12が車体中央に搭載される。高速走行時に自動開閉するサイドエアインテークの採用も見どころ。
◆特別仕様車/限定車
発表年月モデル名主な内容
2009年03月
[Press Release]
[Press Release]
[Specification]
LP650-4 Roadster世界50台のみの限定車「LP650-4 ロードスター」が発表された。ロードスターのボディに、最高出力を650psに高めた6.5L V12エンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.4秒を実現する。グレーのボディカラーに、オレンジのフロントスポイラーやサイドステップを組み合わせたのも特徴。
LP670-4 SV2009年3月のジュネーブショーで、世界350台限定の「LP670-4 スーパーヴェローチェ」が発表された。カーボンファイバーを用いた専用デザインのエクステリアにより、ベース車より100kgの軽量化を実現する。エンジンは670psの6.5L V12を搭載し、0-100km/h加速3.2秒を達成。
2008年06月
[Press Release]

LP640 Roadster Versace
「LP640 ロードスター」をベースとした、ベルサーチとのコラボレーションモデルが発表された。パステルホワイトのインテリア、ドア下部にあしらわれたギリシャ装飾モチーフなどが見どころ。また、透明のエンジンフードを採用し、V12エンジンの搭載を視覚的にアピールしている。
2006年10月
[Press Release]

LP640 Versace
2006年10月のパリサロンで、ベルサーチのコラボレーションモデルが発表された。室内はインパネの下部、センターコンソール、シートなどにフルグレーン・ナッパレザーなどを採用。ブラックの「ヘルメラ」ホイール、リブ入り透明ガラス製エンジンフードなどの専用装備も与えられる。
2003年08月
[Press Release]
40th Anniversary Editionランボルギーニ創立40周年を記念した50台の限定車。ドア上部やリヤクォーターウインドウまわりがオプチックカーボンファイバーで覆われるほか、エキゾーストも新デザインとなる。さらにホイールリム色がグレーとなり、標準車と差別化。室内は左右席で異なるレザーが使われる。