◆ロータス

コンパクトスポーツ

エリーゼ(フェイズ3)

エリーゼ(フェイズ2)

エリーゼ(フェイズ1)

エラン(2nd)

ヨーロッパ(2nd)

ミドルスポーツ

エキシージ(フェイズ3)

エキシージ(フェイズ2)

エキシージ(フェイズ1)

エヴォーラ

プレミアムスポーツ

エスプリ

トップ > スポーツカーセレクション > ロータス

LOTUS SportCar Selection

 イギリス、ノーフォークのヘセルに本拠を構えるスポーツカー専門メーカーが「ロータスカーズ(Lotus Cars Limited)」だ。社名の「Lotus」は、創業者であるコーリン・チャップマンが1949年に手がけたハンドメイドのスポーツカーの名に由来している。この名称は1952年に設立されたロータスカーズの前身「ロータス・エンジニリング」に用いられ、同社はスポーツカー専門の自動車メーカーとして成長していく。またモータースポーツも積極的で、「チーム・ロータス」としてF2にも参戦した。市販スポーツカーの分野では、当初セブンやエリートをリリース。どちらも軽量ボディを持つのが特徴で、これが現在まで続くロータス車のアイデンティティとなった。しかし、これらは量産化には不向きな生産工程が災いし、生産コストが跳ね上がって商業的には失敗に終わっている。ところがその後継として登場したエランは生産性が高く、合計12,000台以上が販売された。そのDNAを受け継ぎ1995年に発表されたエリーゼは、秀逸なハンドリングを持つピュアスポーツカーとして世界中で高い評価を受ける。 一方1975年に登場したエスプリは、スーパーカーとしたスタイルで一躍有名になり、2000年代初頭まで改良を重ねながら生産され続けた。

関連リンク