◆マクラーレン

プレミアムスポーツ

540C/570S

スーパースポーツ

720S

650S/675LT

12C

アルティメットスポーツ

P1

F1

トップ > スポーツカーセレクション > マクラーレン > 720S

720S   [2017y-]

720S

720S

解説

 2010年に設立された新生マクラーレンこと「マクラーレン・オートモーティブ」は、1990年代に登場した最強のロードゴーイングスポーツ「F1」のスピリットを受け継いだニューモデル「MP4-12C」を発表した。2014年にはその大幅改良モデルである「650S」を登場させ、フェラーリ、ランボルギーニなど老舗の強豪ブランドがひしめくスーパースポーツカー市場で確固たる地位を築き上げた。そして2017年のジュネーブショーで発表されたのが、650Sの後継モデル「720S」である。マクラーレンの「スーパーシリーズ」に分類される720Sは、650Sの完全なるフルモデルチェンジ版であり、シャシー、デザイン、パワーユニットのすべてがリニューアルされている。とくにカーボンファイバー製シャシーは新設計の「モノケージII」が採用され、650Sと比べて大幅な軽量化を実現したのが大きなトピックと言えよう。
 エクステリアは、「P1」から始まったヘッドライト形状が、エアインテーク機能を併せ持つ大きなサイズのものへと変更されたのが目を引く。またボディサイドのラジエーターインテークが廃止され、代わりにドアに装備された「ダブルスキン」と呼ばれるエアロダイナミクス形状も見どころのひとつ。これにより、どのモデルにも似ていない斬新なスタイルを構築することに成功した。エンジンは3.8L V8ツインターボに代えて、新世代4.0L V8ツインターボ「M840T」を搭載。従来の3.8Lエンジンと比べ41%ものパーツが新設計となり、最高出力は720ps、最大トルクは78.5kgに達する。そして0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は時速341kmと、クラストップレベルの動力性能を誇る。また、新世代の「プロアクティブ・シャシー・コントロール」が与えられ、各種センサーの情報により最適なサスペンション減衰力に調整してくれる。
 720Sはカーボン製シャシーの先駆けとも言えるマクラーレンの主力モデルゆえ、その性能はライバルを圧倒するもの。今後は先代の「675LT」のような、さらなるハイパフォーマンス仕様の登場にも期待が寄せられている。

主要諸元 " 2017y  MCLAREN 720S "参照:プレスキット

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格スーパースポーツ型式M840T
乗車定員2名種類4.0L V8 DOHC 32Vツインターボ
全長×全幅×全高4543×2059×1196 mm気筒内径×行程--×-- mm
ホイールベース2670 mm総排気量3994 cc
トレッド前/後--/-- mm圧縮比--
最低地上高-- mm最高出力537kW[720ps]/7500rpm
重量1283 kg最大トルク770Nm[78.5kgm]/5500rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量-- L
サスペンション後ダブルウィッシュボーントランスミッション7AT(SSG)
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式MR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前245/35R19 93Y最高速度341 km/h
タイヤ後305/30R20 103Y0-100km/h加速2.9秒

◆公式PV