◆アウディ

Cセグメントスポーツ

RS3(2nd)

RS3(1st)

Dセグメントスポーツ

RS4(4th/B9)/RS5(2nd)

RS4(3rd/B8)/RS5(1st)

RS4(2nd/B7)

RS4(1st/B5)

RS2(B4)

Eセグメントスポーツ

RS6(3rd/C7)/RS7

RS6(2nd/C6)

RS6(1st/C5)

ミドルスポーツ

TTRS(2nd)

TTRS(1st)

プレミアムスポーツ

R8(2nd)

R8(1st)

トップ > スポーツカーセレクション > アウディ > TTRS(2nd)

TTRS   [2016y-]

TTRS(2nd)

TTRSクーペ

解説

 2015年3月、アウディのスペシャルティモデル「TT」が3代目へと進化した。初代は個性的なデザインのカジュアル系スポーティカーだったが、世代を重ねるごとにドライバビリティを高めていき、3代目ではリアルスポーツカーとまではいかないものの、かなり骨太なダイナミクス性能を獲得している。そんなTTをベースとした高性能バージョン「TTRS」は、かつてクワトロ社と呼ばれたアウディスポーツ社(2016年に名称が変更された)が手がけたハイエンドモデル。先代TTに引き続き、今回で2代目となるRSモデルは、2016年4月の北京モーターショーでワールドプレミアされた。
 エンジンは、先代と同じく2.5L 直5ターボを搭載。しかし、エンジンそのものが26kgの軽量化が図られたほか、新世代ターボチャージャーを組み合わせることで、最高出力は60ps増の400psを発揮。最大トルクは48.9kgとこちらも高められている。トランスミッションは7速Sトロニックが組み合わされ、駆動方式はもちろん4WD(クワトロ)。そのおかげで0-100km/h加速はわずか3.7秒という俊足を誇る。新型では油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフト後部に配置したことで、前後重量配分を最適化したこともトピック。これを、4つの走行モードを切り替えできる「アウディドライブセレクト」と協調制御することで、コーナリング性能が大きく向上している。外観もノーマルのTTとは一見して異なる仕立てとなっており、ハニカムメッシュのシングルフレーム、固定式リヤスポイラーを装備。先代以上にアグレッシブなスタイリングとなったことも見逃せない点だ。ちなみにボディはクーペ、ロードスターともに用意されている。
 アウディにはR8というプレミアムスポーツカーが存在するが、TTRSはミドルスポーツセグメントとして、比較的手が届きやすい1台だろう。このセグメントは、現在ポルシェやロータスなどスポーツカー専門メーカーの独壇場となっているが、高性能エンジン+4WDを備えたTTRS、はそんなライバルにも劣らぬパフォーマンスを秘めている。

主要諸元 " 2016y  AUDI TTRS COUPE "参照:プレスキット

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格ミドルスポーツ型式--
乗車定員4名種類2.5L 直5 DOHC 20Vターボ
全長×全幅×全高4191×1832×1344 mm気筒内径×行程82.5×92.8 mm
ホイールベース2505 mm総排気量2480 cc
トレッド前/後1564/1543 mm圧縮比10.0
最低地上高-- mm最高出力294kW[400ps]/5850-7000rpm
重量1440 kg最大トルク480Nm[48.9kgm]/1700-5850rpm
サスペンション前マクファーソンストラット燃料タンク容量55 L
サスペンション後4リンクトランスミッション7AT(Sトロニック)
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式4WD
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前245/35R19最高速度250 km/h
280 km/h *オプション
タイヤ後245/35R190-100km/h加速3.7秒