◆スバル

Cセグメントスポーツ

WRX STI(1st/VAB)

インプレッサ WRX STI(3rd/GR・GV)

インプレッサ WRX STI(2nd/GD・GG)

インプレッサ WRX STi(1st/GC)

コンパクトスポーツ

BRZ

競技ベース車

グループA ホモロゲーションモデル

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > スバル > WRX STI(VAB)

WRX STI   [2014y-]

WRX STI(VAB)

WRX STI

解説

 WRCの活躍で名を馳せたインプレッサは、4代目以降スポーツモデルのWRXシリーズが廃止された。その代わりに2014年8月、独立した車名のスポーツセダン「WRX」が誕生することになった。インプレッサとWRXが別の道を歩むことになったのは、インプレッサがグローバル市場を意識し、安全性や使い勝手のよいCセグメントカーを目指したことが理由。同時にそれまでのスポーツモデルはWRXに集約され、さらにそのワゴン仕様のレヴォーグも含め、走りに重きを置くユーザーに向けたモデル展開としたのだ。2014年8月に登場した新世代WRXは、基本となる「S4」と高性能版「STI」の2本立てとされ、特に後者はインプレッサ WRX STIの正当な後継モデルに位置付けられる。
 ライバルの三菱 ランサーエボリューションXと同様、かつてのようにWRC参戦に向けた車両という役割はなくなり、純粋な4ドアスポーツセダンとして設計されている。エクステリアは、インプレッサ時代のイメージをそのまま踏襲するもので、強調された前後フェンダー、大型リヤスポイラー(STI タイプSに標準)、ボンネットのエアインテークなど、ハイパフォーマンスをアピール。インテリアはアルカンターラ/本革の専用バケットシートや専用ステアリングおよびシフトノブなど、スポーツカーらしいデザインとなるのは、もはや伝統と言えよう。
 エンジンは改良が重ねられた「EJ20」を搭載。2.0L 水平対向4気筒ターボは、ECU制御などの変更が加えられたものの、従来と同じく最高出力は308ps、最大トルクは43.0kgmを発揮する。トランスミッションは強化された6速MTを採用。駆動方式はもちろん4WDで、路面状況やドライバーの好みに応じてセンターデフ制御を変更できるマルチモードDCCDシステムも継続投入された。さらにフロントにはヘリカル式、リヤにはトルセン式LSDも標準装備。その後、より高性能なS207、S208を限定販売するなど、ランエボというライバル亡き後も生産され続けている。

主要諸元 " 2014y  SUBARU WRX STI TYPE S"

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格Cセグメントスポーツ型式EJ20
乗車定員5名種類2.0L H4 DOHC 16V ターボ
全長×全幅×全高4595×1795×1475 mm気筒内径×行程92.0×75.0 mm
ホイールベース2650 mm総排気量1994 cc
トレッド前/後1530/1540 mm圧縮比8.0
最低地上高140 mm最高出力227kW[308ps]/6400rpm
重量1490 kg最大トルク422Nm[43.0kgm]/4400rpm
サスペンション前ストラット燃料タンク容量60 L
サスペンション後ダブルウィッシュボーントランスミッション6MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式4WD
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前245/40R18最高速度-- km/h
タイヤ後245/40R180-100km/h加速--秒

◆公式PV