◆フェラーリ

プレミアムスポーツ

488

458

F430

360

F355

348

308/328

スーパースポーツ

812スーパーファスト

F12

599

550/575M

テスタロッサ/512TR/F512M

365GT4BB/512BB/512BBi

ハイパースポーツ

ラ・フェラーリ

エンツォ・フェラーリ

F50

F40

競技ベース車

グループB ホモロゲーションモデル

クラシックスポーツ

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > フェラーリ

FERRARI Sportcar Selection

 スポーツカーメーカー「フェラーリ」が設立されたのは1947年のこと。創始者のエンツォ・フェラーリは、戦前から積極的にモータースポーツ活動を行っており、一時はアルファロメオのレース部門「アルファ・コルセ」にも籍を置いた。しかし、彼の名前を冠した会社は戦後になってからで、同社の設立以降は数々のレーシングスポーツカーを生み出し、ル・マン24時間レースやツール・ド・フランスで成績を残した。そんなフェラーリが公道走行を前提としたロードゴーイングモデルを最初に手がけたのは、1953年に登場した250シリーズでのこと。この250こそ、現代まで続く一連の12気筒2シーターフェラーリの始祖であり、またレーシングスポーツ「250GTO」をはじめとする多くの名車が登場する契機となった。また、2シータースポーツカーのイメージが強いフェラーリだが、2+2のグランドツーリングカーも手がけている。前述の250シリーズのひとつ「250GTE」に始まり、以降FRの2+2モデルは同社の定番となった。さらに1968年にはミッドシップV6を搭載した「ディーノ246」、1975年にはミッドシップV8を搭載した「308」が登場。 後者は走りを楽しめるフェラーリのエントリーカーとして、現在の「488」に繋がっている。

関連リンク