◆フェラーリ

プレミアムスポーツ

488

458

F430

360

F355

348

308/328

スーパースポーツ

812スーパーファスト

F12

599

550/575M

テスタロッサ/512TR/F512M

365GT4BB/512BB/512BBi

アルティメットスポーツ

ラ・フェラーリ

エンツォ・フェラーリ

F50

F40

288GTO

トップ > スポーツカーセレクション > フェラーリ > 812スーパーファスト

812 SUPERFAST   [2017y-]

812スーパーファスト

812スーパーファスト

解説

 2017年3月のジュネーブショーで、フェラーリのフラッグシップ2シーターがモデルチェンジを受けた。従来のF12ベルリネッタから、812スーパーファストに名称が改められ、性能面でも大きな進化を遂げたのだ。F12ベルリネッタのデビューが2012年だから、今回はわずか5年で新世代モデルへと移行したことになる。これは、フェラーリの12気筒モデルとしては比較的短い間隔。その理由を推し量るとすれば、最大のライバルであるランボルギーニ アヴェンタドールが同じタイミングで大改良を受けるなど、このセグメントの進化は他社も含め日進月歩であることが考えられる。
 812スーパーファストは、全体的なシルエットはF12ベルリネッタによく似ており、ホイールベースも2720mmと同じ。そのことからマイナーチェンジのような印象を受けるものの、リヤスポイラーの後端が30mm高くなったほか、より立体的に改められたサイドまわりの形状など、ほぼ専用のデザインとなっている。そしてモダンでシャープなヘッドライト、4灯式リヤライトも特徴で、フラッグシップのピュアスポーツらしい佇まいを醸す。また、フロントにはアクティブフラップやエアロダイナミックバイパスを設けるなど、空力性能が見直されたことも大きな特徴と言えよう。
 排気量はF12ベルリネッタの6.2Lから6.5Lに拡大された。直噴システムや可変インテークを採用することで圧縮比は13.64に高められ、最高出力は同時期に登場したアヴェンタドールSを上まわる800psを発揮する。ちなみにこれは、フェラーリのロードカーとしては最高の数値。トランスミッションは8速のF1(デュアルクラッチ式)を採用。そのほかフェラーリ初の電動パワステを導入し、これを車体電子制御システムと統合することで高いハンドリング性能を実現している。また、F12 tdfで初採用された後輪操舵「バーチャルショックホイールベース2.0」も搭載。最高速度は340km/h以上、0-100km/h加速は2.9秒と、限定車のラ・フェラーリに匹敵する実力を誇るスーパースポーツカーに仕上げられた。

主要諸元 " 2017y  FERRARI 812 SUPERFAST "参照:プレスキット

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格スーパースポーツ型式--
乗車定員2名種類6.5L V12 DOHC 48V
全長×全幅×全高4657×1971×1276 mm気筒内径×行程94.0×78.0 mm
ホイールベース2720 mm総排気量6496 cc
トレッド前/後1672/1645 mm圧縮比13.64
最低地上高-- mm最高出力588kW[800ps]/8500rpm
重量1630 kg最大トルク718Nm[73.2kgm]/7000rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量92 L
サスペンション後ダブルウィッシュボーントランスミッション7AT(F1)
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前275/35ZR20最高速度340 km/h以上
タイヤ後315/35ZR200-100km/h加速2.9秒