◆ジャガー

Eセグメントスポーツ

XFR(1st)

Sタイプ R

GTスポーツ

XKR(2nd/X150)

XKR(1st/X100)

プレミアムスポーツ

Fタイプ

スーパースポーツ

XJ220

トップ > スポーツカーセレクション > ジャガー > Fタイプ

F-TYPE   [2013y-]

Fタイプ

FタイプクーペSVR

解説

 戦前はスポーツカーメーカーとして名を馳せ、戦後も積極的にレース活動を行ってきたジャガー。そんな同社のスポーツカーの金字塔となるのが、言わずと知れたEタイプ。そしてその血筋を正当に受け継ぐモデルがFタイプである。デビューは2012年のパリサロンだから、Eタイプの誕生からおよそ半世紀後の出来事。その背景にあるのは、00年代後半から盛り上がりつつあった、高級スポーツカーに対する熱烈なラブコール。日産からはGT-R、アウディからはR8、さらにメルセデスはSLS AMGなど、それまでポルシェとフェラーリが牛耳っていたこのプレミアムリーグに他メーカーが続々参入し始めたからにほかならない。ジャガーはFタイプでこれを迎え撃つことにしたのである。
 ジャガーの2ドアといえばXKが存在したが、あちらは2+2の豪華なGT。それと入れ替わるように登場したFタイプは、2座のリアルスポーツとして設計されたのが大きな違いだ。成り立ちはジャガーが得意とするFR方式で、軽量化と高剛性化を両立したオールアルミニウムアーキテクチャーを採用する。当初は2座ロードスターのみが用意され、エンジンは3.0L V6+スーパーチャージャー、5.0L V8+スーパーチャージャーを設定。6気筒は標準車が340ps、「S」が380ps、8気筒は「V8S」が495psを発揮。さらに2013年にはクーペが追加され、こちらには550psの8気筒を積む「R」が選べた。しかしFタイプの進化はさらに続き、2016年ジュネーブショーで最強モデルの「SVR」が登場した。
 「SVR」とはジャガー・ランドローバー系の新しい高性能マシンに与えられる新ブランドで、エンジンは「R」と同じく5.0L V8スーパーチャージャーが積まれるが、最高出力を575psにまで増強。また、駆動方式は4WDとなるのも大きな特徴だ。エクステリアには大型エアインテーク、専用設計スプリッター、リヤウイングなどを装備。ミリグラムレベルの軽量化、新設計サス、エグゾーストを採用し、並み居るライバルを引き離す高い動力性能を誇っている。

主要諸元 " 2016y  JAGUAR F-TYPE SVR COUPE "参照:プレスキット

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格プレミアムスポーツ型式--
乗車定員2名種類5.0L V8 DOHC 32V S/C
全長×全幅×全高4475×1923×1311 mm気筒内径×行程92.5×93.0 mm
ホイールベース2622 mm総排気量4999 cc
トレッド前/後1585/1611 mm圧縮比9.5
最低地上高-- mm最高出力423kW[575ps]/6500rpm
重量1705 kg最大トルク700Nm[71.4kgm]/3500rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量70 L
サスペンション後ダブルウィッシュボーントランスミッション8AT(クイックシフト)
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式4WD
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前265/35ZR20最高速度322 km/h
タイヤ後305/30ZR200-100km/h加速3.7秒

◆オフィシャルPV