◆レクサス

Dセグメントスポーツ

RC F

IS F

スーパースポーツ

LFA

トップ > スポーツカーセレクション > レクサス > RC F

RC F   [2014y-]

RC F

RC F

解説

 スーパースポーツのLFAを頂点に置いたレクサス「F」シリーズ第3弾となるのが、RC Fである。この「F」シリーズはレクサスの高性能モデルに与えられる称号で、前任のIS Fはセダンながらも高い戦闘力を持つモデルだった。その後継として2014年に登場したRC Fは、ミドルクラスクーペのRCがベース。スタンダードなRCでも走りのポテンシャルは高いが、RC Fではプレミアムスポーツにも匹敵する性能を獲得している。ライバルとなるのはアウディ RS5、BMW M4など。今回はクーペボディになったことで、スポーツカーとしての立ち位置がより明確になっている。
 ボディサイズは全長4705mm、全幅1850mmであるが、この値はIS Fよりも大柄。しかし全高は1390mmと25mm低められたほか、スピンドルグリルの採用により、外観のインパクトは強力なものとなった。ベースのRCには大断面のロッカーパネル、レーザースクリューウェルディングにより高い剛性が確保されたが、RC Fではこれに加えて専用のフロアアンダーブレース、リヤパーテーションブレースなどが追加され、サーキット走行にも対応する強固な骨格を誇る。エンジンは、IS Fと同じ5.0L V8「2UR-GSE」を搭載。シリンダーヘッドやコンロッドなどを刷新することで、最高出力は477psに増強された。また今回から駆動力制御システム「TVD」がオプション設定されたのもトピック。これは走行状況に応じて左右の駆動力を最適に制御するもので、FR車では世界初採用の技術である。
 室内は、レクサスブランドに相応しい高級感ある空間だが、低めのドライビングポジションは、よりスポーツカーらしいもの。グレードは標準モデルのほか、カーボン製のフード、ルーフ、リヤウングにより10kgの重量削減を実現した「カーボンエクステリアパッケージ」も選べる。さらにGT3規格の競技車両も用意するなど、レース参戦をも視野に入れた本格的な設計は、高性能化が著しいDセグメントスポーツのなかでも、強い存在感を放っている。

主要諸元 " 2014y  LEXUS RC F "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格Dセグメントスポーツ型式2UR-GSE
乗車定員4名種類5.0L V8 DOHC
全長×全幅×全高4705×1850×1390 mm気筒内径×行程94.0×89.5 mm
ホイールベース2730 mm総排気量4968 cc
トレッド前/後1555/1560 mm圧縮比12.3
最低地上高130 mm最高出力351kW[477ps]/7100rpm
重量1790 kg最大トルク530Nm[54.0kgm]/4800-5600rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量66 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション8AT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前255/35ZR19最高速度-- km/h
タイヤ後275/35ZR190-100km/h加速--秒

◆公式PV