◆キャデラック

Dセグメントスポーツ

ATS-V(1st)

トップ > スポーツカーセレクション > キャデラック > ATS-V(1st)

ATS-V   [MY16-]

ATS-V(1st)

ATS-Vクーペ

解説

 北米で生まれたキャデラックは長い歴史を誇るが、その大半はドメスティック色の強いブランドとして歩んできた。ブランドの転換期となったのは2003年のこと。欧州プレミアムに対抗すべく、USミッドサイズセダン「CTS」を投入。さらにCTSをベースとした高性能シリーズ「V」が、メルセデスのAMGやBMWのMに倣って投入されたのである。それ以降、「V」の文字はキャデラックの高性能モデルとして一躍知名度を高め、その後もSTS-V、XLR-Vなどが投入された。スポーツカーとは無縁だったキャデラックが、高性能モデルの開発へと足を踏み出したのである。
 そんなVシリーズに新たに加わったのが、ATS-V。ベースとなるATSは、2013年モデルとして登場したUSコンパクトセグメントのセダン/クーペである。CTSよりもひとまわり小型なボディのATSは、ちょうど欧州Dセグメントに相当するサイズで、後輪駆動の「アルファ・アーキテクチャ」を採用する。そのATSにキャデラック・レーシング直系の技術を注ぎ込んだモデルがATS-Vなのだ。ライバルはもちろん、メルセデスAMG C63やBMW M3/M4、アウディ RS4/RS5などの欧州Dセグメントスポーツ。ここは、強烈な個性と実力を誇る面々が揃う激戦リーグである。
 ATS-Vに搭載されるエンジンは3.6L V6ツインターボ。チタンアルミナイド製タービン、軽量チタン製コンロッドなどで高出力化に対応するこのパワーユニットは、464hpという最高出力を発揮。これにより、0-60mph加速はわずか3.8秒と、クラストップクラスの動力性能を誇る。足まわりは磁性流体のダンパーを備えた第3世代のマグネティックライドコントロールを採用。また、サスのサブフレームが専用設計となるほか、強化スプリング、前6ピストン/後4ピストンのブレンボ社製ブレーキなども与えられた。サーキット走行にも対応したドライバーモード・コントロールを採用するのも見所だ。Vシリーズのなかで最小のATS-Vは、スポーツカー純度が高い1台と言っていいだろう。

主要諸元 " MY16  CADILLAC ATS-V COUPE "参照:プレスキット

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格Dセグメントスポーツ型式--
乗車定員5名種類3.6L V6 DOHC 24Vツインターボ
全長×全幅×全高4691×1841×1384 mm気筒内径×行程94.0×85.6 mm
ホイールベース2775 mm総排気量3564 cc
トレッド前/後1538/1559 mm圧縮比10.2
最低地上高-- mm最高出力346kW[464hp]/5850rpm
重量1678 kg最大トルク603Nm[61.5kgm]/3500rpm
サスペンション前マクファーソンストラット燃料タンク容量60.5 L
サスペンション後5リンクトランスミッション6MT/8AT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前255/35ZR18最高速度-- km/h
タイヤ後275/35ZR180-60mph加速3.8秒

◆公式PV(2017 ATS-V)