◆ロータス

コンパクトスポーツ

エリーゼ(フェイズ3)

エリーゼ(フェイズ2)

エリーゼ(フェイズ1)

エラン(2nd)

ヨーロッパ(2nd)

ミドルスポーツ

エキシージ(フェイズ3)

エキシージ(フェイズ2)

エキシージ(フェイズ1)

エヴォーラ

プレミアムスポーツ

エスプリ

トップ > スポーツカーセレクション > ロータス > エキシージ(フェイズ3)

EXIGE   [2012y-]

エキシージ(フェイズ3)

◆モデルヒストリー
発表年月改良主な内容
2017年11月
[Press Release]
追加モデル
「Cup 430」
エキシージに「カップ430」が追加された。新デザインのボディシェル、カーボンファイバー製フロントリップスポイラー、大型リヤウイングなどを採用し、最大で220kgものダウンフォースを獲得。エンジンは新開発スーパーチャージャーを採用し、最高出力は436psを達成している。
2016年11月
[Press Release]
追加モデル
「Sport 380」
最高出力を380psに高めた「スポーツ380」が登場。カーボンファイバー製トップ、ポリカーボネート製リヤウインドウなどの採用により、車両重量はシリーズ最軽量の1066kgを実現している。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度386km/hという性能を誇り、ブレーキも強化された。
2015年12月
[Press Release]
マイナーチェンジ
「Sport 350」
エキシージSが改良され、「スポーツ350」に進化。エンジンスペックに変更はないものの、サスペンションのチューニングやホイールのジオメトリーを改良。ミッションが改良されて素早いシフトチェンジが可能となったほか細部にわたる軽量化を行い、クーペで1125kgを実現している。
2015年03月
[Press Release]
追加モデル
「S Club Racer」
エキシージSをベースに、スポーティな内外装を与えたスペシャルモデルが登場。パワートレインはベース車と同じだが、軽量化されたスポーツシート、センターコンソール、バッテリーなどを採用することで15kgほど重量を削減。外観が一部マットブラックペイントになるのも特徴である。
2015年02月
* 日本発表時
[Press Release]
追加モデル
「AT」
エキシージSにトルコン式の6速AT搭載車が設定された。ステアリングには鍛造アルミニウムのマニュアルパドルシフトが装着され、手元で素早く変速動作が行える。シフトアップに要する時間はわずか0.24秒。なお0-100km/h加速は、6速MTよりも0.1秒上まわる3.9秒を実現している。
2014年09月
* 日本発表時
[Press Release]
追加モデル
「S Roadster」
エキシージのオープンモデルが登場。軽量ソフトトップを採用することで、クーペよりも10kg軽く仕上がっている。またリヤウイング、フロントスプリッターを取り払うことで、すっきりとしたエクステリアとなった。エンジンはクーペと同じく3.5L V6スーパーチャージャーを搭載する。
2013年01月追加モデル
「V6 Cup」
エキシージSをベースとするスペシャルモデル「V6カップ」が発表された。エンジンはベース車と同じく350psの3.5L V6スーパーチャージャーを搭載するが、インテリアトリムを省くことで、およそ60kgもの軽量化を実現。調整式レーシングサスも装着される。0-100km/h加速は3.8秒。
2011年09月
* 日本発表時
[Press Release]
モデルチェンジ2011年のフランクフルトショーでお披露目されたエキシージSが、翌年7月に正式発表された。従来の4気筒エンジンに変えて新型はトヨタ製3.5L V6スーパーチャージャーを搭載し、最高出力は350psに達する。ボディサイズも拡大され、エリーゼとは大きく異なるスタイルになった。
◆特別仕様車/限定車
発表年月モデル名主な内容
2017年04月
[Press Release]
Cup 38060台の限定車「カップ380」が登場。カーボンファイバーの使用箇所をさらに増やしたほか、トランクルームのカーペットやテールゲートのガスダンパーを廃し、ベース車から62kgのウェイトダウンを図った。また新設計のエアロパーツを採用し、ダウンフォース値を43%増加させた。
2016年10月
[Press Release]
350 Special Editionロータスがへセルに移ってから50周年を祝う50台の限定車。前年に発売された「360カップ」で採用されたカーボンファイバー製のシートと軽量ホイールを採用し、ベース車の「スポーツ350」から26kgの軽量化を実現。0-96km/h加速は3.7秒と、ベース車よりも0.3秒タイムを縮めた。
2015年08月
[Press Release]
360 Cup50台限定の「360カップ」が発表された。吸気系チューニングとスポーツエキゾーストを導入することで、最高出力は標準車よりも10ps高い360psを発揮。外観は専用のフロントアクセスパネル、ルーバー入りテールゲートを採用するほか、赤色のホイールが特徴。ブレーキも強化される。