◆マツダ

軽スポーツ

AZ-1

コンパクトスポーツ

ロードスター(4th/ND)

ロードスター(3rd/NC)

ロードスター(2nd/NB)

ロードスター(1st/NA)

ミドルスポーツ

RX-8(SE3P)

RX-7(3rd/FD3S)

RX-7(2nd/FC3S)

RX-7(1st/SA22C)

競技ベース車

グループA ホモロゲーションモデル

クラシックスポーツ

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > マツダ > ロードスター(3rd/NC)

ROADSTER   [2005y-2015y]

ロードスター(3rd/NC)

ロードスター

解説

 2005年8月、ロードスターがフルモデルチェンジ。今回も初代から継承される「人馬一体」をコンセプトに掲げ、走行性能、安全性能、環境性能を時代の水準に合わせて全てが新開発された。外観はひと目でロードスターとわかる親しみやすいデザインを基本としながらも、張り出したフェンダー部では力強さを表現。一方リヤまわりは初代を彷彿とさせる楕円形状のコンビランプが採用された。そして3代目の最大の注目点となるのがボディの大型化。全長こそ4m以下に押さえられてたのの、全幅を40mm拡大し、国内では3ナンバーとなったのが大きなトピックである。
 また、ソフトトップも新設計されており、トップの外側が上になるZ式の折りたたみ方式となったのが新しい。開閉は手動だが、室内のロックレバーがセンターの1箇所のみとなったので操作性も向上している。ボディ構造は初代から採用されているパワー・プラント・フレーム(P.F.F)を基本としながらも、3代目では先代までのコの字型断面からZ型断面となったため剛性を大幅にアップ。さらに軽量化にも徹底的にこだわり、標準車の車両重量は1090kgに抑えられた。エンジンは、輸出仕様には1.8Lも存在するが、国内は170ps(AT車は166ps)の2.0L 直列4気筒DOHCの1機種のみ。ミッションは6速MT(RSまたはVS)、5速MT、そしてアイシン製6速ATがそれぞれ組み合わされる。
 当初のグレードは標準車のほか、パドルシフト付AT、タンのクロス製ソフトトップ、レザーシートを装備する「VS」、ビルシュタイン社製ダンパー、トルセンLSD、フロントサスタワーバー、17インチホイールを標準装備した「RS」の3グレード構成。翌年にはワンメイクレース仕様「NR-A」や電動ハードトップ仕様「パワーリトラクタブルハードトップ」も加わった。2008年と2012年に外観を変更するなど改良を繰り返しながら、2015年には4代目ロードスターが登場。ちなみにこの3代目は歴代ロードスターのなかでもっとも生産期間が長いモデルとなっている。

主要諸元 " 2008y  MAZDA ROADSTER RS "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格コンパクトスポーツ型式LF-VE
乗車定員2名種類2.0L 直4 DOHC 16V
全長×全幅×全高4020×1720×1245 mm気筒内径×行程87.5×83.1 mm
ホイールベース2330 mm総排気量1998 cc
トレッド前/後1490/1495 mm圧縮比10.8
最低地上高135 mm最高出力125kW[170ps]/7000rpm
重量1120 kg最大トルク189Nm[19.3kgm]/5000rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量50 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション6MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ディスク動力性能
タイヤ前205/45R17最高速度-- km/h
タイヤ後205/45R170-100km/h加速--秒