◆マツダ

軽スポーツ

AZ-1

Cセグメントスポーツ

アクセラ(2nd/BL)

アクセラ(1st/BK)

コンパクトスポーツ

ロードスター(4th/ND)

ロードスター(3rd/NC)

ロードスター(2nd/NB)

ロードスター(1st/NA)

ミドルスポーツ

RX-8(SE3P)

RX-7(3rd/FD3S)

RX-7(2nd/FC3S)

RX-7(1st/SA22C)

トップ > スポーツカーセレクション > マツダ > ロードスター(4th/ND)

ROADSTER   [2015y-]

ロードスター(4th/ND)

ロードスター

解説

 2015年7月、ロードスターは4代目となった。新型はアテンザやアクセラで導入されていた「鼓動」デザインを採用。ディテールに目をやると、エッジを効かせているもののプロポーションはどこから見てもロードスターと言えるもの。ボディは先代よりも小さく、3915mmの全長はなんと初代ユーノスロードスターよりも短くなった。また軽量化にも徹底的にこだわり、先代から100kg以上という大胆なウェイトダウンを実現。ベーシックグレードでは、なんと990kgと1トンを切る車両重量となっている。これにより、ライトウェイトスポーツに不可欠な機敏な運動性能を獲得した。
 パワーユニットは海外仕様向けに2.0L 4気筒も設定されているが、日本市場に導入されたのは新開発1.5L 4気筒直噴の「SKYACTIV-G 1.5」。これをフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分は50:50を実現する。1.5Lの最高出力は131psと、初代とほぼ同じスペック。車両重量も同程度であると考えると、まさに原点回帰と呼ぶに相応しい構成となっている。トランスミッションは6速MTと6速ATを設定。マニュアル車はシフトフィールにもこだわり、気持ちの良いスポーツドライビングを演出してくれる。一方AT車はブリッピング機能に加え、スポーツモードのオンオフを切り替えられるドライブセレクションを備えるなど、2ペダルでもしっかりとスポーツできることも新型の美点である。
 グレード構成は、当初はもっともスタンダードな「S」に加え、本革内装の「S レザーパッケージ」やLSDを標準装備する「S スペシャルパッケージ」が選べた。その後はレースベース車「NR-A」、ビルシュタイン社製ダンパーやフロントサスタワーバーなどを備えたトップモデルの「RS」、2.0Lエンジンの電動開閉式ハードトップモデル「RF」が登場するなど、先代同様次々とバリエーションを広げている。エコカー全盛のこの時代において、ロードスターのようなピュアなスポーツカーはもはや希少な存在。これからも多くのファンを魅了していくに違いない。

主要諸元 " 2015y  MAZDA ROADSTER S Special Package "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格コンパクトスポーツ型式P5-VP[RS]
乗車定員2名種類1.5L 直4 DOHC 16V
全長×全幅×全高3915×1735×1235 mm気筒内径×行程74.5×84.8 mm
ホイールベース2310 mm総排気量1496 cc
トレッド前/後1495/1505 mm圧縮比13.0
最低地上高135 mm最高出力96kW[131ps]/7000rpm
重量6MT : 1010-1030 kg
6AT : 1050 kg
最大トルク150Nm[15.3kgm]/4800rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量40 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション6MT/6AT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ディスク動力性能
タイヤ前195/50R16最高速度-- km/h
タイヤ後195/50R160-100km/h加速--秒

◆公式PV(ロードスター)

◆公式PV(ロードスターRF)