◆日産

Dセグメントスポーツ

スカイラインGT-R(5th/R34)

スカイラインGT-R(4th/R33)

スカイラインGT-R(3th/R32)

スカイライン 2000GT-R(2nd/C110)

スカイライン 2000GT-R(1st/C10)

ミドルスポーツ

フェアレディZ(6th/Z34)

フェアレディZ(5th/Z33)

フェアレディZ(4th/Z32)

フェアレディZ(3rd/Z31)

フェアレディZ(2nd/S130)

フェアレディZ(1st/S30)

プレミアムスポーツ

GT-R(R35)

競技ベース車

グループA ホモロゲーションモデル

グループB ホモロゲーションモデル

クラシックスポーツ

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > 日産 > フェアレディZ(4th/Z32)

FAIRLADY Z   [1989y-2000y]

フェアレディZ(4th/Z32)

フェアレディZ

解説

 日産を代表するスポーツカー、フェアレディZが1989年7月にフルモデルチェンジを受けた。2代目以降、北米市場をターゲットとするGTカーの性格が強まっていたフェアレディZだが、この4代目(Z32)からは運動性能を重視したピュアスポーツ路線に再びシフト。同時期に登場したスカイラインGT-R(R32)と並ぶ、日産スポーツモデルの顔となった。デザインは先代のZ31型を踏襲しつつ、全長4310mm、全幅1790mm、全高1245mmというロー&ワイドなフォルムとなり、次世代スポーツカーに相応しい存在感を放っていた。室内は2シーターと2+2が用意され、ホイールベースは2450mmと2570mmとそれぞれ異なっている。Tバールーフが選べるのも先代と同じだ。
 搭載エンジンは2.0Lが廃止され、3.0L V6(VG30DE)と同ツインターボ(VG30DETT)の2機種に絞られた。とくに後者は日本車として初の280psを達成し、これが10年以上も日本における最高出力の自主規制値となった。駆動方式はもちろんFRが採用され、90年代を代表するスープラやRX-7のようなライバルと同様、スポーツカーとして年々進化していった。メカニズムでは、スカイラインにも導入された四輪操舵システム「スーパーHICAS」の採用がトピック(ツインターボのみ)。これにより、ライバルにも負けないコーナーリング性能を身につけている。サスペンションは前後ともマルチリンク式となり、これもスポーツカーらしい運動性能に寄与している。
 デビューから2年後の1992年、フルオープンモデルのコンバーチブルが登場。さらに1994年にはリヤスポイラーや専用シートを装備した「バージョンS」、1997年には2+2のTバールーフにスポーティな内装の「バージョンR」が追加された。1998年には内外装のリニューアルを中心としたマイナーチェンジが行われ、2000年8月まで生産が続けられた。その後2年のブランクを経て、2002年に登場した次世代モデル(Z33)にバトンタッチした。

主要諸元 " 1989y  NISSAN FAIRLADY Z 300ZX TWINTURBO 2 SEATER"

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格ミドルスポーツ型式VG30DETT
乗車定員2名種類3.0L V6 DOHC 24Vターボ
全長×全幅×全高4310×1790×1245 mm気筒内径×行程87.0mm×83.0 mm
ホイールベース2450 mm総排気量2960 cc
トレッド前/後1495/1535 mm圧縮比8.5
最低地上高-- mm最高出力280ps/6400rpm
重量5MT : 1510 kg
4AT : 1520 kg
最大トルク39.6kgm/3600rpm
サスペンション前マルチリンク燃料タンク容量72 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション5MT/4AT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前225/50R16最高速度-- km/h
タイヤ後225/50R160-100km/h加速--秒