◆日産

Dセグメントスポーツ

スカイラインGT-R(5th/R34)

スカイラインGT-R(4th/R33)

スカイラインGT-R(3th/R32)

スカイライン 2000GT-R(2nd/C110)

スカイライン 2000GT-R(1st/C10)

ミドルスポーツ

フェアレディZ(6th/Z34)

フェアレディZ(5th/Z33)

フェアレディZ(4th/Z32)

フェアレディZ(3rd/Z31)

フェアレディZ(2nd/S130)

フェアレディZ(1st/S30)

プレミアムスポーツ

GT-R(R35)

トップ > スポーツカーセレクション > 日産 > スカイラインGT-R(4th/R33)

SKYLINE GT-R   [1995y-1999y]

スカイラインGT-R(4th/R33)

スカイラインGT-R

解説

 1993年、スカイラインは9代目(R33)へと進化した。先代と比べてホイールベースを105mm延長し、ボディサイズをひとまわり拡大。そんな新型スカイラインをベースとするGT-Rは、ベース車の登場から1年以上遅れた1995年1月に発表された。従来の軽快感のあるスタイルから一転し、肥大化で重くなったボディを持つ新型スカイラインGT-Rは、デビュー当初ファンのあいだで賛否両論が沸き起こった。しかしその動力性能は日産の折り紙付きで、ニュルブルクリンクにおけるテストを徹底的に行った結果、同コースで、プロトタイプではR32型スカイラインGT-Rよりも21秒早い7分59秒というタイムを叩き出している。見た目とは裏腹に、そのポテンシャルは本物だったのだ。
 エクステリアは、ワイド化されたフェンダーや角度調整機構付き専用リヤスポイラーが与えられ、標準モデルと比べると力強いデザインとなっている。エンジンは、2.6L 直6DOHCツインターボ(RB26DETT)を先代から引き続き搭載。しかしECUを8ビットから16ビットに変更し、過給圧の上昇、吸排気系やバルブタイミングを見直した結果、最高出力は280psのままだが、最大トルクは1.5kgm高い37.5kgmに達した。また、従来はVスペックのみに採用されていたブレンボ社製のブレーキキャリパーが全車標準装備されたこともトピック。なお、VスペックにはアクティブLSDが与えられている。駆動方式は4WDで、先代同様アテーサETS(VスペックはアテーサETS Pro)を採用する。
 1997年2月の改良では、フロントバンパーにふたつのダクトが設けられたほか、バンパー位置を20mm下げることで冷却性能を向上。またブレーキ冷却用ダクトの開口面積も拡大された。さらにリヤサスペンションメンバーの取り付け部の補強、ABSアクチュエーターの小型化など細部に手が加えられた。1999年1月、R34型にバトンタッチする形で生産終了。R32〜R34までのGT-Rのなかではやや人気が低めだったが、現在では非常に価値ある1台と言える。

主要諸元 " 1995y  NISSAN SKYLINE GT-R V SPEC "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格Dセグメントスポーツ型式RB26DETT
乗車定員4名種類2.6L 直6 DOHC 24Vターボ
全長×全幅×全高4675×1780×1360 mm気筒内径×行程86.0×73.7 mm
ホイールベース2720 mm総排気量2568 cc
トレッド前/後1480/1490 mm圧縮比8.5
最低地上高-- mm最高出力280ps/6800rpm
重量1540 kg最大トルク37.5kgm/4400rpm
サスペンション前マルチリンク燃料タンク容量65 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション5MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式4WD
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前245/45ZR17最高速度--km/h
タイヤ後245/45ZR170-100km/h加速--秒