◆日産

Dセグメントスポーツ

スカイラインGT-R(5th/R34)

スカイラインGT-R(4th/R33)

スカイラインGT-R(3th/R32)

スカイライン 2000GT-R(2nd/C110)

スカイライン 2000GT-R(1st/C10)

ミドルスポーツ

フェアレディZ(6th/Z34)

フェアレディZ(5th/Z33)

フェアレディZ(4th/Z32)

フェアレディZ(3rd/Z31)

フェアレディZ(2nd/S130)

フェアレディZ(1st/S30)

プレミアムスポーツ

GT-R(R35)

トップ > スポーツカーセレクション > 日産 > GT-R(1st/R35)

GT-R   [2007y-]

GT-R(1st/R35)

GT-R

解説

 2002年にスカイライン GT-R(R34)が生産終了したことで、90年代初頭から始まった国産スポーツカーのゴールデンエイジは一気に冬の時代へと突入した。11代目スカイライン(V35型)には「GT-R」のバッジが与えられることはなく、高級志向のコンセプトにシフト。しかし待つこと5年、2007年10月の東京モーターショーで、新型GT-Rの姿がついに公の場に披露されたのだった。過去のGT-Rはすべてスカイラインの高性能グレードという位置付けで、その設計に制約があったが、新型は車名が「GT-R」となってスカイラインから独立。スタイリング、メカニズムのすべてを専用開発とすることで、ポルシェ、フェラーリなどのライバルと同格のプレミアムスポーツカーへと進化を遂げた。 
 GT-Rのシャシー(日産はプレミアムミッドシップパッケージと呼称)の大きな特徴は、エンジンを車体前方に、クラッチ、トランスミッション、トランスファーを車体後方に置いてリヤファイナルと一体化させた独立型トランスアクスル4WD方式を採用したこと。これにより、走行中のあらゆる状態で4輪のグリップ荷重を最適化している。エンジンは新開発3.8L V6DOHCツインターボ「VR38DETT」を搭載。当初の最高出力は480psと、奇遇にも当時のポルシェ 911ターボと同じ値を発揮する。これに新開発のGR6型デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、ダイレクトなシフトチェンジを実現。一方足まわりには、減衰力を状態に応じて最適化してくれるビルシュタインダンプトロニック、超大型ブレンボ社製ブレーキ、GT-R専用タイヤなど、期待値以上の性能を持つリアルスポーツカーとなった。
 また登場後も改良を重ねて進化したことも特筆すべきところで、2011年モデルではブースト圧の変更で最高出力は530psになると同時に外観を小変更、2014年モデルではアンダーフロアの改良で剛性アップし、さらに専用サスを備えた「NISMO」を追加、2017年モデルでは大幅なデザイン修正に加え最高出力は570psに達している。

主要諸元 " 2007y  NISSAN GT-R "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格プレミアムスポーツ型式VR38DETT
乗車定員4名種類3.8L V6 DOHC 24Vツインターボ
全長×全幅×全高4655×1895×1370 mm気筒内径×行程95.5×88.4 mm
ホイールベース2780 mm総排気量3799 cc
トレッド前/後1590/1600 mm圧縮比9.0
最低地上高110 mm最高出力353kw[480ps]/6400rpm
重量1740 kg最大トルク588Nm[60.0kgm]/3200-5200rpm
サスペンション前ダブルウィッシュボーン燃料タンク容量71 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション6AT(GR6)
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式4WD
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前255/40ZRF20最高速度-- km/h
タイヤ後285/35ZRF200-100km/h加速--秒

◆公式PV