◆日産

Dセグメントスポーツ

スカイラインGT-R(5th/R34)

スカイラインGT-R(4th/R33)

スカイラインGT-R(3th/R32)

スカイライン 2000GT-R(2nd/C110)

スカイライン 2000GT-R(1st/C10)

ミドルスポーツ

フェアレディZ(6th/Z34)

フェアレディZ(5th/Z33)

フェアレディZ(4th/Z32)

フェアレディZ(3rd/Z31)

フェアレディZ(2nd/S130)

フェアレディZ(1st/S30)

プレミアムスポーツ

GT-R(R35)

トップ > スポーツカーセレクション > 日産 > フェアレディZ(5th/Z33)

FAIRLADY Z   [2002y-2008y]

フェアレディZ(5th/Z33)

フェアレディZ

解説

 2000年8月、4代目フェアレディZ(Z32型)の生産が終了し、30年以上にわたるZカーの長い歴史に一旦終止符が打たれた。しかし2001年デトロイトショーでは、次期型のデザインスタディを公開。そして同年10月の東京モーターショーでは各部がリファインされた市販バージョンが発表され、2002年7月に待望の5代目が登場した。2年のブランクを経てZカーは復活を遂げたのである。シャシーはスカイライン(V35型)の「FMパッケージ」を流用。スカイラインからホイールベースを200o短縮し、エンジンの搭載位置をキャビン側に寄せたフロントミッドシップとすることでリアルスポーツにふさわしい運動性能を獲得。ミドルスポーツの第一線を行く渾身の仕上がりとなった。
 エクステリアは歴代モデルのモチーフを活かしつつも、新しい方向性を示すデザインが見所。先代までは2シーターと2+2のふたつの仕様が選べたが、新型は2シーターのみとなったのも注目すべきポイント。またボディは当初クーペのみだったが、2003年10月の一部改良と同時に電動開閉式ソフトトップを備えたロードスターが追加されている。
 エンジンは3.5L V6DOHCを搭載し、当初は最高出力は280psを発揮。トランスミッションは新開発6速MTと完全ギヤ固定可能な5速ATが用意された。2005年の改良ではエアダクト径の拡大による吸気効率の向上やバルブタイミングのチューニングなどで294psに進化。さらに2007年に行われた2度目のマイナーチェンジでV36型スカイラインに採用された新型エンジン「VQ35HR」が搭載され、最高出力は313psに増強されている。グレードは標準車のほか、ブレンボ社製ブレーキや18インチホイールを装着する「バージョンS」、本革シートの豪華仕様「バージョンT」、その両方の仕様を兼ねた最上級の「バージョンST」を設定。そのほか専用内外装のスパルタンなグレード「バージョンNISMO」も登場した。そして2008年、さらなる動力性能と運動性能を備えた6代目にバトンタッチした。

主要諸元 " 2002y  NISSAN FAIRLADY Z VERSION ST "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格ミドルスポーツ型式VQ35DE
乗車定員2名種類3.5L V6 DOHC 24V
全長×全幅×全高4310×1815×1315 mm気筒内径×行程95.5×81.4 mm
ホイールベース2650 mm総排気量3498 cc
トレッド前/後1535/1545 mm圧縮比10.3
最低地上高120 mm最高出力206kW[280ps]/6200rpm
重量6MT : 1450 kg
5AT : 1460 kg
最大トルク363Nm[37.0kgm]/4800rpm
サスペンション前マルチリンク燃料タンク容量80 L
サスペンション後マルチリンクトランスミッション6MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FR
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク動力性能
タイヤ前225/45R18最高速度-- km/h
タイヤ後245/45R180-100km/h加速--秒