◆ホンダ

軽スポーツ

S660

ビート

Cセグメントスポーツ

シビック タイプR(5th/FK8)

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR(3rd/FD2・FN2)

シビック タイプR(2nd/EP3)

シビック タイプR(1st/EK9)

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラ タイプR(1st/DC2)

コンパクトスポーツ

CR-Z(ZF1)

CR-Xデルソル(3rd/EG)

CR-X(2nd/EF)

バラードスポーツCR-X(1st/AE・AF)

ミドルスポーツ

S2000(AP)

プレミアムスポーツ

NSX(2nd/NC1)

NSX(1st/NA)

トップ > スポーツカーセレクション > ホンダ

HONDA SportCar Selection

 四輪車、二輪車をはじめ、小型ジェット機まで製造する本田技研工業が設立したのは1948年のこと。歴史はまだ浅いが、国内ではトヨタ、ルノー・日産に続き3番目の規模を誇る自動車メーカーだ。スポーツカー市場への参入は比較的早期で、1963年にコンパクトオープンカー「S500」を発売。これは、二輪車やフォーミュラカーの製造も手がけるホンダらしい高性能エンジンを搭載したモデルであり、それ以降同社のエンジン開発は世界でも一目置かれる存在となる。80年代に入るとCR-XなどのFFスポーツカーがホンダのイメージリーダーとなっていき、その延長線上に生まれたのが、シビックやインテグラに設定された「タイプR」シリーズ。レーシングカー顔負けの超高回転型エンジンを持つ「タイプR」は、現在ではシビックに受け継がれている。その一方、1990年に登場したNSXもホンダを代表するリアルスポーツで、本格的なミッドシップレイアウトを採用し、価格や性能面でも群を抜く存在だった。一方1999年登場のS2000は、ホンダでは珍しいFRを採用したスポーツカー。どのモデルも個性的で、熱烈なファンが多いメーカーである。

関連リンク