◆ホンダ

軽スポーツ

S660

ビート

Cセグメントスポーツ

シビック タイプR(5th/FK8)

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR(3rd/FD2・FN2)

シビック タイプR(2nd/EP3)

シビック タイプR(1st/EK9)

コンパクトスポーツ

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラ タイプR(1st/DC2)

ミドルスポーツ

S2000(AP)

プレミアムスポーツ

NSX(2nd/NC1)

NSX(1st/NA)

クラシックスポーツ

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > ホンダ > インテグラ タイプR(2nd/DC5)

INTEGRA TYPE R   [2001y-2006y]

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラタイプR

解説

 コンパクトなFFスポーツカー、インテグラ タイプRは2001年7月にフルモデルチェンジを受けた。先代はインテグラのモデルライフ途中で追加された「タイプR」だが、新型はベーシックモデル「iS」と同時に登場。すでにこの時代、スポーツカーブームは斜陽だったが、タイプRの名に恥じないスパルタンな走りは新型でも健在だった。
 ボディは5ナンバーサイズだった先代からひと回り大きくなり、全幅1725mmの3ナンバーサイズとなった。全長は同程度だが、全高は55mm高くなり、ずんぐりしたスタイルが特徴である。ホイールベースは後に登場する3ドアのシビック タイプRと同値。iSはカジュアルな小型クーペという見た目だが、タイプRは大型リヤスポイラーや専用の17インチアルミホイールが装着されるなど、先代以上に迫力ある外観となっている。インテリアは、ヘッドレスト一体型のレカロ社製バケットシート、MOMO社製本革巻きステアリング、アルミペダルなど走りの装備が奢られる。
 エンジンは、iS、タイプRともにK20A型の2.0L 直4DOHCを搭載。特にタイプRはVTECとVTCを組み合わせることで、最高出力は220psを発揮する。これは、同エンジンを搭載する2代目シビック タイプRよりも5ps高い数値。トランスミッションは、クロスレシオ6速MTを組み合わせている。こちらには、前段マルチシンクロコーン、超軽量鍛造クロムモリブデン鋼フライホイールを採用したことで、よりスムーズな変速操作が可能となった。またトルク感応式ヘリカルLSDも搭載。足まわりは、フロントロアアームやリヤブレーキキャリパーのアルミ化、ブレンボ社製のフロントブレーキ(アルミ製対向4ポットキャリパー)の採用など、多くの箇所が強化されている。
 2004年9月には前後デザインが一新されるマイナーチェンジを受けたが、スポーツカーブームの終焉により、後継モデルが登場することなく2006年に生産終了。2000年代初頭を代表する傑作FFスポーツと言える1台だった。

主要諸元 " 2001y  HONDA INTEGRA TYPE R "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格コンパクトスポーツ型式K20A
乗車定員4名種類2.0L 直4 DOHC 16V
全長×全幅×全高4385×1725×1385 mm気筒内径×行程86.0×86.0 mm
ホイールベース2570 mm総排気量1998 cc
トレッド前/後1490/1490 mm圧縮比11.5
最低地上高130 mm最高出力162kW[220ps]/8000rpm
重量1170 kg
(エアコン非装着車)
最大トルク206Nm[21.0kgm]/7000rpm
サスペンション前マクファーソンストラット燃料タンク容量50 L
サスペンション後ダブルウイッシュボーントランスミッション6MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FF
ブレーキ後ディスク動力性能
タイヤ前215/45ZR17最高速度-- km/h
タイヤ後215/45ZR170-100km/h加速--秒