◆ホンダ

軽スポーツ

S660

ビート

Cセグメントスポーツ

シビック タイプR(5th/FK8)

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR(3rd/FD2・FN2)

シビック タイプR(2nd/EP3)

シビック タイプR(1st/EK9)

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラ タイプR(1st/DC2)

コンパクトスポーツ

CR-Z(ZF1)

CR-Xデルソル(3rd/EG)

CR-X(2nd/EF)

バラードスポーツCR-X(1st/AE・AF)

ミドルスポーツ

S2000(AP)

プレミアムスポーツ

NSX(2nd/NC1)

NSX(1st/NA)

トップ > スポーツカーセレクション > ホンダ > S660

S660   [2015y-]

S660

S660

解説

 2015年3月、ホンダはS660を発売。ホンダが放つ久々のリアルスポーツカーが生まれた。90年代のAZ-1、ビート、カプチーノ以降、軽カテゴリにおけるスポーツカーはダイハツ コペンのみという状況だった。しかし2010年頃を境にCR-Zや86、新型ロードスターなどの国産コンパクトスポーツが登場。低価格でも楽しめるコンパクトスポーツカーが少しずつ復権を取り戻しつつあり、そんな時代の潮流のなかでS660は誕生した。車名も、往年のS500やS2000と同じく「S」を頭文字に持つが、これは雰囲気重視のスポーティカーではなくリアルスポーツであることを物語っている。
 かつての軽スポーツ、ビートを現代版に復刻したようなプロポーションのS660は、よりエッジが効いたアグレッシブなデザインが特徴的。エンジンレイアウトはビートと同じくミッドシップを採用する。エンジンはNシリーズなどに採用される3気筒ターボ「S07A」をベースに新設計のターボチャージャーを組み合わせることで、最高出力やトルクはNシリーズのターボ仕様と同じだが、スポーツカーらしいスロットルレスポンスを実現したのが見所。トランスミッションは軽自動車では初となる6速MTを採用するほか、7速パドルシフト付きCVTも選べる。またミッドシップレイアウトによって前後重量配分は45:55と、スポーツカーとして理想的な数値を達成。これに加え、「アジャイルハンドリングアシスト」を採用したのも新機軸。これは、車体の動きに応じて自動的にブレーキ制御を介入させることで、狙ったラインをトレースしやすくなるシステム。軽自動車とは思えないホンダイズムが注ぎ込まれている。
 ところで、2座のミッドシップ・オープンスポーツという性格上、実用性はかなり犠牲になっていることにも注目すべきだろう。簡単に脱着可能なロールトップをフロントラゲッジに収納した場合、この場所にはハンドバッグすら積めなくなる。それほどまでに走りにこだわったホンダ渾身の意欲作、それがS660なのである。

主要諸元 " 2015y  HONDA S660 α "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格軽スポーツ型式S07A
乗車定員2名種類0.66L 直3 DOHC 12V
全長×全幅×全高3395×1475×1180 mm気筒内径×行程64.0×68.2 mm
ホイールベース2285 mm総排気量658 cc
トレッド前/後1300/1275 mm圧縮比9.2
最低地上高125 mm最高出力47kW[64ps]/6000rpm
重量6MT : 830 kg
CVT : 850 kg
最大トルク10.6kgm[104Nm]/2600rpm
サスペンション前マクファーソンストラット燃料タンク容量25 L
サスペンション後マクファーソンストラットトランスミッション6MT/CVT
ブレーキ前ディスク駆動方式MR
ブレーキ後ディスク動力性能
タイヤ前165/55R15最高速度-- km/h
タイヤ後195/45R160-100km/h加速--秒