◆ホンダ

軽スポーツ

S660

ビート

Cセグメントスポーツ

シビック タイプR(5th/FK8)

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR(3rd/FD2・FN2)

シビック タイプR(2nd/EP3)

シビック タイプR(1st/EK9)

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラ タイプR(1st/DC2)

コンパクトスポーツ

CR-Z(ZF1)

CR-Xデルソル(3rd/EG)

CR-X(2nd/EF)

バラードスポーツCR-X(1st/AE・AF)

ミドルスポーツ

S2000(AP)

プレミアムスポーツ

NSX(2nd/NC1)

NSX(1st/NA)

トップ > スポーツカーセレクション > ホンダ > シビック タイプR(4th/FK2)

CIVIC TYPE R   [2015y-2017y]

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR

解説

 4代目シビックタイプRが日本でお披露目されたのは2015年東京モーターショー。ベースとなるのは、2012年に登場した9代目シビックの欧州仕様。英国工場で生産され、日本に逆輸入するという方式は2代目タイプR(EP3)や3代目タイプRユーロと同じである。もはやシビック タイプRは、世界規模で展開するモデルへと成長したと言い換えることができる。目指したのはFF最速のスポーツカー。今回も、ホンダの技術が惜しみなく投入された。
 エンジンは2L直噴ターボで、最高出力は先代から大幅アップの310psを発揮。これは超激戦のCセグメントFFスポーツとしてトップクラスの値。トランスミッションはクロスレシオ化された6速MTを採用する。また、長らく自然吸気エンジンにこだわってきたホンダだが、今回のタイプRではモノスクロールターボチャージャーと電動ウェイストゲートを採用し。レスポンスに優れたアクセルワークと高出力を両立している。高性能化を推し進めるにあたり、シャシーはほとんどが専用設計。なかでも注目なのが、4輪のダンパー減衰力をリアルタイムに独立制御するアダプティブダンパーシステムを採用したことだ。これによって高速域でも安定感のある走りを実現している。足まわりには、フロントにブレンボ社製モノブロックキャリパーと大径ドリルドブレーキが与えられ、高出力化に対応している。
 エクステリアもまた大いに目を引くところ。これでもかと言わんばかりの過激なリヤウイングやフロントオーバーフェンダーを装着し、ノーマルのシビックとはまるで別物という出で立ち。一方、室内はタイプRらしく情熱的な仕立てとなり、専用設計のシートを採用するのも注目点だろう。サーキットのスペシャルカーとして先代から大きく進化した4代目タイプRはニュルブルクリンク北コースを7分50秒63と、発表時点でFF車最速ラップを刻んだ。ルノー メガーヌR.S.トロフィーやセアト レオン クプラの驚異的なタイムをさらに塗り替えることに成功したのであった。

主要諸元 " 2015y  HONDA CIVIC TYPE R "

寸法・重量エンジン・トランスミッション
車格Cセグメントスポーツ型式K20C
乗車定員4名種類2.0L 直4 DOHC 16V ターボ
全長×全幅×全高4390×1880×1460 mm気筒内径×行程86.0×85.9 mm
ホイールベース2600mmm総排気量1995 cc
トレッド前/後1605/1530 mm圧縮比9.8
最低地上高125 mm最大出力228kkW[310ps]/6500rpm
重量1380 kg最大トルク400Nm[40.8kgm]/2500rpm-4500rpm
サスペンション前マクファーソンストラット燃料タンク容量50 L
サスペンション後車軸式トランスミッション6MT
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク駆動方式FF
ブレーキ後ディスク動力性能
タイヤ前235/35ZR19 91Y最高速度-- km/h
タイヤ後235/35ZR19 91Y0-100km/h加速--秒

◆公式インプレッション

◆公式ニュルブルクリンク北コースアタック