◆ホンダ

軽スポーツ

S660

ビート

ホットハッチ&セダン(Cセグメント)

シビック タイプR(5th/FK8)

シビック タイプR(4th/FK2)

シビック タイプR(3rd/FD2・FN2)

シビック タイプR(2nd/EP3)

シビック タイプR(1st/EK9)

スペシャルティ

CR-Z(ZF1)

エントリースポーツ

インテグラ タイプR(2nd/DC5)

インテグラ タイプR(1st/DC2)

ミドルスポーツ

S2000(AP)

プレミアムスポーツ

NSX(2nd/NC1)

NSX(1st/NA)

クラシックスポーツ

※専用ページにリンクします。

トップ > スポーツカーセレクション > ホンダ > インテグラ タイプR(1st/DC2)

INTEGRA TYPE R   [1995y-2001y]

インテグラ タイプR(1st/DC2)

◆モデルヒストリー
発表年月改良主な内容
1999年12月
[Press Release]
追加モデル
「Type R X」
CDプレーヤー付きオーディオ、キーレスエントリーシステム、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラーなどの快適装備を充実させた新グレード「タイプR・X」が登場。インテリアには専用色カーボン調センターパネルやプライバシーガラスが与えられ、クルマとしての質感を高めている。
1998年01月
[Press Release]
マイナーチェンジ改良型「B18C 98 spec.R」を搭載。完全等長の「ステンレス4in1エキゾーストマニホールド」を採用することで中速域のトルクアップを図ると同時に、ファイナルギヤレシオも変更された。またブレーキ径の拡大や新設計5穴16インチホイールの採用など、足まわりも改良された。
1996年09月
[Press Release]
一部改良インテグラシリーズ全体が一部改良を受けた。「タイプR」における変更点は、運転席&助手席用SRSエアバッグシステム、ABSのメーカーオプション価格が引き下げられたこと。今回はエンジンやメカニズムにおける変更点はなく、ラインアップも従来どおり3ドア/4ドアが設定される。
1995年08月
[Press Release]
[Specification]
[Equipment]
ニューモデル
「Integra Type R」
インテグラのマイナーチェンジを機に、走りの性能を大幅に高めたスポーツモデル「タイプR」が登場。エンジンは200psを発揮する専用の1.8L 直4DOHCを搭載。インテリアにはレカロ社製バケットシート、MOMO社製皮巻ステアリング、チタン製シフトノブなどの装備が与えられる。