◆イントロダクション

乗用車ベースのスポーツカー

Aセグメント&軽自動車

Bセグメント

Cセグメント

Dセグメント

Eセグメント

Fセグメント

スペシャルティ&GTカー

スペシャルティカー

グランドツーリングカー

リアルスポーツカー

軽スポーツ

コンパクトスポーツカー

ミドルスポーツカー

プレミアムスポーツカー

スーパースポーツカー

アルティメットスポーツカー

※参考資料

メーカー系高性能ブランド一覧

トップ > イントロダクション > Aセグメント

A SEGMENT / K CAR

Aセグメント&軽自動車


解説

 自動車の車格の分類において、A〜Fというセグメント表記がある。もっとも小型なのがAセグメントで、大きいのがFセグメント(Lセグメントと呼ぶ場合もある)。ここで紹介するAセグメントは、全長が3500mm〜3800mm程度のスモールカーだ。もともとがシティコミューターのような位置づけのクルマだから、Aセグメントをベースとするスポーツモデルはそれほど多くなく、現行モデルだとアバルト 500やルノー トゥインゴGTなどに限られる。一方、日本の軽自動車は国内独自の規格だが、欧州Aセグメントに近いサイズなので、ここで合わせて紹介する。軽乗用車をベースとしたホットモデルだとスズキ アルトワークスなどが有名で、かつては多くのメーカーが軽をベースとした過激なモデルを設定していた。しかしベース車両の性能があまり高くないため、正直スポーツカーとしての性能は期待できず、どちらかと言えばスポーティモデルという位置付け。しかし軽さ、ボディの小ささを活かした軽快な走り、MT車の設定率の高さなど、このセグメントならではの長所もある。残念ながらスポーツカーとしての世界観は希薄だが、これから成長する可能性は十分あると言っていい。

◆関連リンク(スポーティ&GTカーセレクション) ※現行モデルのみ
SUZUKIABARTHRENAULT
Alto Works500
595
Twingo GT