◆イントロダクション

乗用車ベースのスポーツカー

Aセグメント&軽自動車

Bセグメント

Cセグメント

Dセグメント

Eセグメント

Fセグメント

スペシャルティ&GTカー

スペシャルティカー

グランドツーリングカー

リアルスポーツカー

軽スポーツ

コンパクトスポーツカー

ミドルスポーツカー

プレミアムスポーツカー

スーパースポーツカー

アルティメットスポーツカー

※参考資料

メーカー系高性能ブランド一覧

トップ > イントロダクション > Fセグメント

F SEGMENT

Fセグメント


解説

 乗用車のセグメント分類において、もっとも上の位置にあるのがFセグメント(Lセグメントと呼ばれることもある)。全長は5000mm以上、排気量は大きいものだと6.0L以上にも達する。ボディタイプの基本はセダンで、それ以外の形状は稀(ただしポルシェ パナメーラはハッチバックを採用)。また、後部座席の乗り心地を高めたロングホイールベース版を用意するモデルも多い。それゆえ、運転を楽しむためのドライバーズカーという側面以外にも、リムジン的な使われ方も少なくない。そんなFセグメントのスポーツモデルは、快適性を犠牲にすることができず、スポーツカーとしての純度は低い。BMWやアウディが「M7」や「RS8」を設定していないのも、そんな事情が絡んでいるからだろう。そうは言っても、高性能版と呼べるモデルは存在する。メルセデスはAMG仕様を設定するほか、ジャガーXJRも昔から有名な1台だ。また、前述のポルシェパナメーラ、アストンマーティン ラピードなどスポーツカーメーカー製のモデルも見逃せない。ある地点までいかに速く快適に…を競うのであれば、まさに最強のクラスと言えるだろう。

◆関連リンク(スポーティ&GTカーセレクション) ※現行モデルのみ
CHEVROLETFORDCHEYSLER
SSTaurus SHO300 SRT8
DODGEHOLDENAUDI
Charger SRT8Commodore SSS8
BMWMERCEDES-BENZPORSCHE
M760Li xDriveMercedes-AMG S63 / S65Panamera
JAGUARASTON MARTIN
XJRRapide