◆イントロダクション

乗用車ベースのスポーツカー

Aセグメント&軽自動車

Bセグメント

Cセグメント

Dセグメント

Eセグメント

Fセグメント

スペシャルティ&グランドツーリングカー

スペシャルティカー

グランドツーリングカー

SUV

SUV

ピュアスポーツカー

軽スポーツカー

コンパクトスポーツカー

ミドルスポーツカー

プレミアムスポーツカー

スーパースポーツカー

ハイパースポーツカー

※参考資料

メーカー系高性能ブランド一覧

トップ > イントロダクション > スペシャルティカー

SPECIALTY CAR

スペシャルティカー


解説

 フォード マスタングに端を発したスペシャルティカーは、1964年の登場以降さまざまなフォロワーが生まれ、70年代〜90年代にかけて世界中で一大市場を築き上げた。北米におけるスペシャルティカーはボディサイズや排気量が大きい一方、ヨーロッパや日本ではコンパクトからミドルクラスをベースとしたモデルが多かった。たとえば、日本ではトヨタ セリカ、日産 シルビア、ホンダ プレリュードが絶大なる人気を博し、そのスタイリッシュな外観とパーソナル性から「デートカー」とも呼ばれていた。しかし90年代後半になると本家本元の北米スペシャルティカーとともに人気は低迷。マスタングのみ細々と生産が続いたが、2000年代に入ってスペシャルティカーというカテゴリは壊滅状態に陥った。それと前後して台頭しはじめたのが、欧州ブランドのスポーツクーペやロードスター。アウディ TT、BMW Z4、メルセデス・ベンツ SLKなど、乗用車のメカニズムを流用しつつ、高級感ある内外装とスポーティな走りを両立した新世代のスペシャルティカーが登場したのだ。現在でも決して数は多くないものの、ピュアスポーツカーよりもカジュアルで、ブランド個性を強く打ち出したデザインに惹かれるファンは多い。

◆関連リンク(スポーティ&GTカーセレクション) ※現行モデルのみ
VOLKSWAGENAUDIMERCEDES-BENZ
SciroccoTTSLC